中古バイクのクーリングオフ対応はどうなる?

クーリングオフとは、ある特定の契約に限り、一定期間以内なら契約を解除できるという制度です。中古バイクは新車のバイクではないので、新車のバイクと比較すると傷や劣化はあります。その代わり中古バイクはリーズナブルです。しかしながら中古バイクの状態が購入後に納得せずに返品したいとなるケースもあるでしょう。そこで、中古バイクのクーリングオフをまとめました

 

クーリングオフ制度の詳細

一般的にクーリングオフとは、何かの契約や購入申し込みを、勢いでしてしまった、よく考えずにしてしまった、しかしあとになって契約を解除したいという場合に使われます。法律上は、「特定商取引に関する法律」や「割賦販売法」に基づいており、商品やサービスによって解除できる期間がきっちり定められています。例えば、訪問販売や保険契約なら《書面受領日から8日間》で、連鎖販売取引(いわゆるマルチ商法)なら《契約書面受領日から20日間》となっています。クーリングオフを申し出るときは、証拠を残すために必ず書面で行います。これは新車のバイクや中古バイクを対象にした内容というわけではなく、一般的なクーリングオフ情報です。

 

中古バイクとクーリングオフ

では、中古バイクの購入を店頭やインターネットで申し込みした場合は、クーリングオフはできるのでしょうか。消費者センターのホームページを見ると、自動車はクーリングオフの対象外となっています。そこから考えると、バイクはクーリングオフできそうですが、商品の性格は車と同様です。ややグレーではありますが、もともとクーリングオフができた理由は、強引な訪問販売や電話勧誘などの方法で、冷静な判断ができずに結んだ契約について、あとから冷静に考え、判断できるように作られた制度です。中古バイクの購入は基本的にバイク屋と金額や状態について合意した上で消費者がバイクを購入していると考えられるため、中古バイクの場合は対象外となるようです。

対象商品は、マルチ商法などの複雑なしくみの商品や、エステなど商品の形や対価が不定形なものとなっています。自ら店頭に出向いて契約した場合、中古バイクをクーリングオフするのは事実上不可能と考えるのが妥当でしょう。もちろんケースバイケースもあります。バイク屋によっては保証をしてくれて返品に対応してくれることもあるでしょう。ただこれはクーリングオフというよりお店独自の保証サービスで、全ての中古バイクに当てはまるわけではありません。

ただし、業者がバイクを買い取る場合にはクーリングオフができます。これは2013年に特定商取引法が改正されたもので、自分のバイクを中古として売る場合、買取り業者は買取り時に書面の交付義務等が課されます。そして書面交付から8日間以内は,消費者からの無条件解除ができます。

 

走ってしまったら返品不可

さて話は戻って、中古バイクを買った場合のことです。インターネットでよく見かける質問は、「納車後に不具合に気づいた」「走り出したらすぐエンジンが止まった」これらの場合、クーリングオフできますか?という質問です。

しかし、これらの場合は、クーリングオフ云々というよりは整備不良です。契約内容と現車が違っているなど、あまりにひどい場合は「返品」できますが、初期不良はほとんどが整備不良と言えます。バイク屋に初期不良として整備の相談をしてみましょう。もちろん自身のバイクの乗り方に問題があった場合は対象外です。これは飲食店で料理をオーダーした後に、口に合わないから返金してほしいと頼むのと同じです。中古バイクを買う時は本当にそのバイクでいいかよく考えましょう。

 

整備不良は再度整備してもらう

なかには、「チェーンが錆びていた」「ライトがすぐ消えてしまった」

という、悪質とも言える整備不良状態で売られた中古バイクもあります。

この場合はショップに持ち込み、しっかり整備してもらいましょう。ただし一度納車の際に現車を確認して受け取っている以上、整備料は請求される可能性が高いです。そういう意味では、あとあとトラブルになることがないよう、欲しいバイクがあっても「衝動買い」することがないよう、あるいは衝動買いしてもあとあと安心できるショップを選んでおくことが、「保険」でもあると言えるかもしれません。

 

まとめ

バイクのクーリングオフは、結論から言うと、できません。趣味性の高い乗り物ですから、ネットや雑誌を見ていて気になり、衝動買いしてしまうことがあるかもしれません。しかし、あとになって「買わなければよかった」ということになっても、ショップ選びをしっかりしていれば、良心的に対応してくれるかもしれません。それと同様、バイクはクーリングオフできないことをあらかじめ念頭に置き、バイク選びをするのが最もよさそうです。中古バイクは新車ではないので状態の確認が大事です。

中古バイクに選ぶべきバイク用ナビ

中古バイクを買ったら運転で必要とされる重要なバイク用ナビ。中古バイクにはナビがあることで運転は効率的に選びやすく改善されます。では実際に中古バイクにバイク用ナビを選ぶ際にはどのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。自動車用ナビとは違い、バイク用ナビならではの機能が豊富にあります。中古バイクを購入したら一緒に揃えておきたいバイク用ナビの選び方をご紹介していきます。

 

中古バイク用の用ナビを選ぶポイント

中古バイクを購入したらぜひ揃えておきたいのがバイク用ナビです。ナビを選ぶ際にはいくつかのポイントがありますが、その中でも今回は主に4つのポイントに絞ってご紹介します。それは「防水性能」、「サイズ」、「地図更新頻度」、そして「Bluetooth」です。これは中古バイクを購入する上で必要な情報で知識です。外の過酷な環境で使用することになるため、万が一雨が降っても中古バイクが安心な防水機能はぜひ重視しておきたいところ。特に峠道や林道を走行することの多いネイキッドやスポーツタイプ、オフロードの中古バイクでナビを使用する場合は欠かせないポイントです。2つめのポイントであるサイズは、中古バイクの運転姿勢によって最適なものが分かれます。前傾姿勢のスーパースポーツでは5インチ前後の小さめのナビがおすすめです。コンパクトな液晶サイズは運転中も邪魔にならず見やすいです。一方、後傾姿勢のアメリカンや直立に近いネイキッドの場合は6インチ~7インチの比較的大きめのナビがおすすめ。中古バイクの画面から離れていても見やすく、操作もしやすい特徴があります。3つめの地図更新の頻度は、特に首都圏などの都市部において重要です。頻繁に変わる道路情報が更新されないままナビを使い続けると、いつの間にか道に迷ってしまうことも考えられます。ナビのメーカーやモデルによっては数年間の更新が無料という特典が付いたものがあり、コストパフォーマンスに優れています。また、購入時には最新のデータが収録されているものを選びましょう。年式の古い中古バイクのナビの多くは地図データが更新されておらず、新たにダウンロードしなければならないこともあります。特に中古バイク用のナビは価格も手頃なものが多いため、できるだけ最新のモデルを狙うことがおすすめです。最後にご紹介するBluetooth機能は、中古バイクでナビの音声をクリアに聞き取るために便利な機能です。同じくBluetoothに対応したヘッドセットを装着することによって、走行中に雑音が入ってきてもクリアに聞き取ることができ、ナビの画面へ頻繁に目を配らなくても安心です。このように、一口に中古バイク用ナビといっても自動車用のナビと比べて注意しなければならないポイントが多く存在するのです。それでは実際に中古バイクの購入と同時におすすめしたいバイク用ナビをいくつかご紹介していきます。

 

中古バイクにおすすめのナビ

X-RIDE RM-XR777は7インチの大画面液晶が搭載された中古バイク用ナビ。防水仕様ではないため、天気の良い日にのみツーリングへ出かける人におすすめです。万が一雨が降ってきても専用のステーから本体のみをサッと取り外すことができます。ゼンリンのマップデータ更新が3年間無料で使用でき、コストパフォーマンスの高い1台です。もちろんBluetoothにも対応していて中古バイクに優れています。カイホウ TNK-BB5000はIPX5規格の防水性能を持った中古バイク用ナビです。5インチの液晶に日差しを避けるバイザーが付属しており、日中対の強い日差しの中でも中古バイクで快適に使用することができます。中でも驚きなのがBluetooth対応の専用ヘッドセットが付属している点。10mまでの詳細地図の表示も可能で、まさに中古バイク用としては最適な使い心地を誇るナビといえます。Panasonic CN-G520Dはポータブルナビの先駆け的存在のPanasonic Gorillaシリーズ。中古バイクだけでなく自動車でもよく知られたナビ。2018年6月に発売の最新モデルは充実の機能がさらに進化した実用性の高いモデルです。中でも注目すべきは地図データ更新の頻度の高さ。1年間に6回の更新が可能で、2021年まで無料で地図データ更新が可能。中古バイクを乗っている間に更新が出来るのです。コストパフォーマンスに優れた1台といえるでしょう。ユピテル BNV-1は防水・防塵規格であるIP57に準拠し、耐久性に優れたバイク用ナビです。中古バイクのためには便利です。感圧式タッチパネルのためグローブを装着した状態でも操作が可能で、別売りのコントロールスイッチも併用すればボタン操作で容易にマップの操作が可能です。ツーリングに最適なスポットやルートも多数収録し、バイク用ナビの中でも使いやすさにこだわった1台です。中古バイクを購入したらぜひ一緒に揃えておきたいバイク用ナビです。中古バイクではナビがあるとないで差が出ます。最初ならナビが付いている中古バイクは少ないですが、中古バイクを購入したあとにナビを付けることで運転は楽しく効率的になります。